婦人科相談なら大阪中央区東心斎橋の大阪美容クリニック

TEL:0120-373-889
  • メール問い合わせ
  • ご予約

【ピルとは】

ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンに似た
成分が配合されています。

エストロゲンの量により、超低用量ピル、低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルに分かれています。
低用量ピルは、避妊を目的として使用されるだけでなく、月経困難症、子宮内膜症、にきびの治療としても使用されています。中用量ピルは、緊急避妊や月経移動などに使用されます。

『ピルはこわい!太る!』といった先入観で敬遠されていませんか? 低用量ピルは、エストロゲンによる副作用を減らすために開発された安全性の高い薬です。

●低用量ピルは女性の味方

低用量ピルは、避妊を目的として使用されるだけでなく、月経困難症、子宮内膜症、月経前症候群、にきびの治療としても使用されています。

低用量
ピルの
メリット

確実な
避妊効果

99%の避妊効果があり、女性避妊手術子宮内避妊具に匹敵した避妊効果があります。

生理痛の
改善

子宮内膜が厚くなるのを抑えて、痛みの物質の産生を抑えます。

経血量の
減少

子宮内膜が厚くならないので、経血量が減ります。

子宮内膜症の治療効果

子宮内膜症の発達を防ぎ、手術後の再発を予防する効果があります。

月経前症候群の
改善

排卵を抑えることで、月経前のイライラや抑うつ気分などの症状を改善します。

ニキビの
改善

ホルモンのバランスを整えて、ニキビを改善します。

癌のリスクが
低下

子宮体癌、卵巣癌、大腸癌のリスクを減らします。

●ピルについて誤解していませんか?

太るんじゃないの?

月経前にむくみを自覚される
場合もありますが、ピルと体重
増加に因果関係はないとされています。

将来の妊娠が心配

将来妊娠しにくくなることはありません。
通常、薬の服用を中止して、3か月以内に排卵は再開します。

気になる副作用について

吐き気・嘔吐、乳房痛、不正出血、浮腫、倦怠感などを来たす場合があります。
服用後、1~2か月で軽快することがほとんどです。

非常に稀ですが、重大な副作用として血栓症があります。血栓症とは血管に血のかたまりがつまる病気です。血栓症の症状として、激しい頭痛、突然の視力障害、舌のもつれ、突然の息切れ、足の突然の痛み・腫れを来たす事があります。気になる症状が出た場合は医師に相談して下さい。

ピル内服中の生活でひと工夫

✔お水をしっかり摂りましょう

体内の水分が不足すると、血がかたまりやすくなる状態を引き起こします。
冷暖房完備のオフィス内は乾燥しがちです。外出時だけでなく、室内でもこまめに水分補給をこころがけましょう。

✔脂っこい食事はほどほどに

血栓症のリスクは肥満で上昇します。低脂肪高タンパクの、健康的な食事をこころがけましょう。

✔着圧ソックスで脚すっきり

着圧ソックスはむくみをとるだけではなく、足の静脈の血栓予防にも役立ちます。デスクワークで座りっぱなしの仕事をしている場合は、適度な圧力の着圧ソックスを利用しましょう。

✔禁煙でお肌もキレイに

血栓症のリスクは喫煙で上昇します。喫煙はお肌の老化にもつながりますので、ピルの服用を禁煙のきっかけにしてキレイなお肌になりましょう。

・生理移動のピル

旅行や結婚式や運動会などのイベントがあり、生理を避けたいときってありますよね。
そんなときは、ピルを服用することで生理を移動させることが可能です。
生理日は遅らせることも、早めることもできますが、より確実なのは、遅らせる方法です。

生理を遅らせる場合

生理予定日の5~7日前から中用量ピルを遅らせたい時期まで服用していただきます。
服用をしている間、生理は来ません。(いくらでも遅らせることが出来るわけではありません。)服用を中止すると2~5日目に生理がきます。

生理を早める場合

生理周期の3~7日目から中用量ピルを10~14日間服用していただきます。服用を中止すると2~5日目に生理がきます。この方法で、約1週間程度早めることができます。

【緊急避妊】

緊急避妊とは、避妊をしないで性交渉をしてしまったとか、コンドームが破れるなど、避妊の失敗が起こった場合に、妊娠を防止するという方法です。

緊急避妊の最も一般的な方法が、緊急避妊ピルです。

緊急避妊ピルには、2通りの方法があります。

ヤッぺ法

性交後72時間以内に中用量ピルを12時間の間隔で2回内服する方法です。

ノルレボ法

性交後72時間以内にレボノルゲストレル単剤を1回内服する方法です。

気になる効果について

世界保健機関が行った臨床試験の結果です。

ヤッぺ法の妊娠阻止率が57%、ノルレボ法の妊娠阻止率が85%と、ノルレボ法の方が妊娠しにくい方法であるということが分かりました。(妊娠阻止率とは、生理周期から妊娠の可能性がある時期に内服した時の、妊娠しなかった割合のことです) 早く服用した方が効果が高いので、24時間以内に内服されることをおすすめしています。

気になる副作用について

副作用として、悪心、下腹部痛、頭痛、嘔吐などがあります。

ヤッぺ法では悪心がよく起きます。
服用後、2時間以内に嘔吐してしまった場合は、再度服用が必要になります。

 

【子宮内避妊用具】

避妊の方法として、一般的にはピルが使用されることが多いですが、飲み忘れが多い場合や、副作用で服用が困難な場合、また長期間の避妊を希望される場合は、子宮内避妊具を挿入する方法もあります。

当院では、子宮内避妊用具として、IUSを採用しています。

IUSとは、「Intrauterine Contraceptive System」の略で黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システムです。経口避妊薬の高い避妊効果と、子宮内避妊用具(IUD)の長期の避妊が可能であるという特徴を持っています。

《避妊の仕組み》

子宮頸管粘液を変化させ、子宮内に精子が侵入するのを防ぎます。
また、子宮内膜に作用し、子宮内膜を薄くして受精卵の着床を防ぎます。

気になる効果について

1年間に妊娠する確率は0.2%と非常に高いです。
また、IUSでは黄体ホルモンの作用により子宮内膜が薄くなるため、経血量が減少し、生理痛が改善するというメリットもあります。

気になる副作用について

生理以外の出血や生理周期の変化、腹痛などが起こることがあります。
また、IUS挿入中に卵巣のう胞を認めることがありますが、通常は黄体ホルモン変化に伴う一時的なもので、自然に消失します。

IUSを装着する時期について

月経開始後7日以内に装着します。
妊娠初期の流産、妊娠後期の人工妊娠中絶後の方はその直後に装着することができます。
出産後は、6週間以上、子宮の回復を待ってから装着します。

装着後の通院について

装着後は3か月後、1年後に定期健診が必要です。
1年以上装着する場合は1年ごとの定期健診を受けてください。
5年位以上の装着はできません。

このページの先頭へ