女医による婦人科相談なら大阪中央区東心斎橋の大阪美容クリニック

TEL:0120-373-889
  • メール問い合わせ
  • ご予約

よくあるご質問

Q.

生理中は診てもらえませんか?

A.

生理中は、診療内容によっては診察や検査が正しくできないこともありますので、可能な範囲で避けていただくほうがよろしいかと思います。
ただし、出血が止まらないとか、不正出血が心配で受診されたい場合は、出血中に受診されても全く問題ありません。

Q.

受診するとき、洋服はスカートのほうがよいのですか?

A.

特にスカートでなく、パンツスタイルでも問題ありません。
ただ、比較的脱衣されやすい服装がよいかもしれません。

Q.

何か持っていくものとかありますか?

A.

健康保険証をご持参ください。
また、受診される内容によっても異なりますが、前回の生理期間をメモしておいていただいたり、基礎体温表をつけている方はお持ちください。

Q.

生理(月経)以外の出血は大丈夫でしょうか?

A.

月経時以外の出血は「不正出血」とよばれ、様々な原因が考えられます。
特に心配なものは子宮がんですが、その他子宮筋腫や子宮内膜症、ポリープなどの疾患や、ホルモン異常により出血することも多いため、 少量であったとしても放置せずに婦人科へ相談することをお勧めします。
また、年に一度婦人科検診を行っていれば異常があっても早い段階で発見することができますので、安心のために定期検診をお勧めします。

Q.

子宮がん検診はどういう検査をしますか?

A.

子宮がんには子宮の下部(頸部)から発生する頸がんと、上部(体部)の子宮内膜という部分から発生する体がんという2種類のがんがあります。
日本人の子宮がんの多くは頸がんのため、一般には頸がんの検診が広く行われています。
症状によってはがんの発生する部位から直接細胞を採取して検査をお勧めします。

Q.

ピルってどんな薬ですか?安全でしょうか?

A.

低用量ピル(ピル)は経口避妊薬と呼ばれ、服用すると卵巣からの排卵が抑えられ、また子宮の内側にある内膜という組織も増殖しなくなります。
このため望まない妊娠を避けることができ、正しく服用すればほぼ100%の避妊効果が得られるとされています。
また最近では避妊のためだけではなく、生理痛(月経困難症)やPMS(月経前症候群)を緩和したり、ニキビ(挫創)の治療や月経量を減らして貧血を予防したりといった効果のために服用する女性も増えています。
現在使用されているピルは以前のものに比べてホルモン量が少なく、副作用を気にせず安心して服用していただけます。
ほかの病気や服用中の薬剤がある場合には使用できないこともありますので、まずはご相談ください。

このページの先頭へ